診療のご案内

診療時間

受付終了は、 午前12:00、 午後6:30(土曜は3:30)です。
木曜・日曜・祝祭日は、休診です。(土曜日は、学会等で休診となることもあります。)

注意:初めての運動器リハビリ(運動療法)を受けられる方は、時間がかかりますので、午前は11:30までに、午後は5:30(土曜日午後2:30)までに受付を終了してください。

診療科目

整形外科

骨折、脱臼、捻挫、靭帯・腱損傷、むち打ち、肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、四十肩・五十肩、関節痛、手・足の痛み、骨粗鬆症など骨、筋肉、腱、関節、脊椎、神経などの病気やケガの治療を行います。

スポーツ整形外科

スポーツによるケガ、障害をプロ・ハイアマチュア~レクリエーション各レベルに応じた治療を行います。プロスポーツ選手の治療経験を生かし、各種スポーツ相談にも応じます。

リハビリテーション科

病気・ケガ・手術後の機能回復、痛みの改善、予防など、理学療法士が運動療法、物理療法、メディカルマッサージなど最新の機器を用い、各種リハビリテーション治療を行います。

  • ・内科
  • ・スポーツ・リハビリテーション
  • (アスレティック・リハビリテーション)

スポーツ復帰に対してのスポーツリハビリテーションも行います。

主な対象疾患

  • 変形性関節症(膝・股など)
  • 腰痛
  • ヘルニア(腰椎・頸椎)など
  • 肩こり
  • 肩の痛み
  • 骨粗しょう症
  • 外傷(骨折・脱臼・打撲など)
  • スポーツ傷害(いわゆるケガ・いわゆる故障)
  • その他

上記疾患に対する治療・予防
特に運動器リハビリテーションを得意とします。
スポーツ復帰に対してスポーツ・リハビリテーションも行います。

私たち整形外科医は運動器疾患の診断・治療・予防を行います。

薬物療法: 内服薬・湿布剤・塗布剤・注射など
リハビリテーション: 運動器リハビリテーション、物理療法
手術療法: 他病院にて施行、または紹介

上記が適切に組み合わされて初めて効果を得ることができます。

 

初診の方へ

  • 保険証は、必ずお持ちください。
  • 初めての方には、問診票を記入していただきます。
  • 初めての方は、お呼び出し・診察にお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

リハビリテーションのご案内

  • 当院では常勤の理学療法士が4名がリハビリにあたっています。
  • 運動器リハビリテーション(I)の施設基準を満たしています。
  • スポーツ選手は早期から患部外のトレーニングを行ったり、スポーツ復帰へのトレーニングを行います(アスレティック・リハビリテーション、2階トレーニングルームにて)。

医院概要 平成28年4月現在

入院施設: なし(入院が必要な場合には、提携先である田中整形外科病院に紹介させていただきます)
適用保険: 各種社会保険・労災保険・自賠責保険・各種公的扶助
施設基準: 運動器リハビリテーション料(I)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
有資格者: ●医師(1名) 整形外科、日本整形外科学会認定整形外科専門医・認定スポーツ医・認定運動器リハビリテーション医、日本体育協会公認スポーツドクター
●看護師(1名)、准看護師(1名)
●理学療法士(4名、全員日本体育協会公認トレーナー資格あり) 
医薬分業: 実施
医院全景

個人情報保護について

当医院は日本医師会個人情報保護方針に準じています。 下記のURLをクリックしていただくと、日本医師会個人情報保護についてのページに移動します。

 

日本医師会個人情報保護について
URL:http://www.med.or.jp/jma/kojin/index.html

今週の一枚・四季折々

院長ブログ
診療室の小窓から

ビッグニュース。サッカーカメラマン今井さんの 第14回日本サッカー殿堂入りが決まりました。 同い年。1972年(昭和47)から代表の写真 を撮っておられ、最初に話をしたのは1980年 下村監督代表の時と思います。(マレー・・・


メニュー

close

close